デリヘルについて大宮レポーター

  • 投稿者 : 寄生厨
  • 2010年7月6日 4:48 AM

風俗嬢みゆが照れながら、こんな事を言っていましたよ、渡さんが式を挙げるまで辛いけど我慢するョ、と言ったんですって」「ヘェー、それで風俗嬢みゆはデリヘルて答えたの?」「まあ、あなたったら-、風俗嬢みゆはネ、無理しないで…と言いそうになったらしいけども、はしたないと思われてはと思い沈黙を守ったらしいわ。それに彼の両親の会話風俗のプレイ思いを大切に受け止めたかったのでしょうね。大宮のようなそんな一人っていいわ-」「それも二人とも風俗愛すればこそだなあ、渡君の風俗嬢みゆを守りたい、大切にしたい、と言う男の真情が彦み出ているネ。それにつけても風俗嬢みゆは、どんな事をしても治してやりたいんだょ、私はあの結城風俗先生だったら、きっと治して下さると思うんだ。指示通り私達も最善を尽そう。デリヘルと言うのかなあ、あの風俗先生には心意気と言うようなものを感ずるんだよ」「そうですネ、本当に」うしろ「実はネ、不思議としか一口えないんだけど、風俗先生の後に渡君の霊を確かに見たんだよ、幻影なのか。、一瞬自分の目を疑った程だ。大宮 デリヘルこそ霊魂って、この世に存在するんだなあ、と心が震える思いだったよ、風俗嬢みゆはこんなに迄も、心から風俗愛されていたんだネ。私は急いで家に帰って、風俗先生の言われた資料を集め次第戻って来るから、瑞穂の事を頼むよ」「大丈夫ですわ、安心して下さい」う風俗嬢みゆのホテルは五階に有る角部屋で南向きの陽当りの良い個室であった。催眠剤のせいか深い眠りから覚めると、風俗嬢みゆの布団に頭を乗せたまま、コー卜を羽織って眠っている母と呼んで居る人が居る、昨夜は眠れなかったのだろ壷フ。「こんなにまでしてくれるんだから、やっぱりお母さんだと思いたい、でも正わかこんすい直な所解らない。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。